スポンサーリンク

別れても大好きな彼氏と、公園で中出し立ちバック 【エロい体験告白】

大好き、愛しているのに、
彼氏のM君と話し合い、結局別れてしまいました。

彼氏のことは相変わらず大好きなんですが、
勉強やバイトがお互い忙しくて、すれ違いも多く、
こんな状態では終わっちゃうかも、
という不安がどんどん大きくなって。

カレカノの関係を維持するのが、
辛くなっちゃったんです。

でも、付き合うのをやめただけで、
彼氏は私の気持ちもしっているので、
今でも仲の良い友達です。

先日も会いました。

バイトが終わるのカレに待ってもらっていて、
バイト先の近くの公園で待ち合わせしました。

外灯もほとんどない、夜の公園です。

ベンチに座ろうとしたら、
その後ろの木の陰に連れて行かれて、
いきなり抱きしめられて、その温かさに浸っているうちに、
キスまでされたんです。

「お願い、エッチしたい」って言われ、
「だめよ、もうそんな関係じゃないんだから」と断りましたが、
「お願い!!今でも好きなことには変わりないし、
ユミだってそうだろ」と、耳を噛まれたりしたらもう私も我慢できません。

「いいよ」って言っていうしかありませんでした。

抱きつかれただけでも本当はドキドキッしていた私。

キスされた瞬間には、
本当はエッチモード全開って感じでした(笑)

アソコが疼いて、
あっというまに湿ってきていたんです。

自分でもわかるくらいに。

ジャンパーの前のファスナーを外した彼は、
胸のボタンをひとつ・ふたつと外して、手を入れてきます。

このとき、実は私、ノーブラだったんです。

もしかしたらって、ちょっと期待もしてて。

寒いし彼の手も冷たいけど、
そんなこと、気になりません。

彼は少しオッパイを弄んでから、
シャツのボタンを全て外して、それから、
胸を舐められました。

噛んだり、吸ったり、大好きな彼氏?元カレの愛撫・・・

そんな彼の顔を見ていたら、
すっごく感じてきちゃって、
青姦なのにいっぱい声出しちゃいました(^^;)

首や唇を舌で舐めまわしてきて、
5分もしないうちに、スカートを捲り上げられ、
パンツも脱がされました。

ていうか、自分で動いてました。

彼が脱がしやすいように。

太ももの付け根やマンコを撫でられたり、
指をマンコに擦りつけてきたり。

もう濡れ濡れでした。

その後は指を入れてもらったりしてから、
彼に背中を向けて、木に手を付いて、
お尻を突き出して、チンコを入れてもらいました。

立ちバックって、刺激的ですね。

しかも夜とはいえ公園の野外SEX!

いつ、誰に見られるかわかりません。

そんなシチュエーションに興奮して、
気持ち良くって、自分でも腰をふりまくってました。

「もう、出る!」

「あ、中はダメ。口で」

間に合いませんでした。

彼の「もう出る」は、「もう出そう」ではなくて、
ほとんど「もう出ちゃった」だったんです。

こんなことしてたら、いつか妊娠しちゃう。

そう思いつつも、付き合っていた頃からですが、
何回かに1回は、中出しになってしまいます。

彼、ちゃんと射精前に抜ける人です。顔

にかけてもらったり、
口に飲ませてもらったりしていました。

だから、中出しのときって、きっと、わざとです。

でも、私も本気で彼を怒ったり責めたりできないんです。

彼のチンコが、ピクピクって動きながら、
ビュッビュって私の中に注ぎ込まれるのが好きなんです。

そのあとも、しばらくはつながったままでいます。

そして、中出しされた後は、これもいつものことですが、
理性を完全に無くしてしまって、
ものすご~くエッチに夢中になってしまうんです。

私は彼の足元にひざまづいて、フェラをしてあげました。

ズボンとパンツを半分近く下ろした状態で、
大きくなったチンコを放り出して、女の子に咥えられながら、
喘いでいる男の子って、なんかちょっと間抜けで可愛くてたまりません。

私は初めての時からフェラが気持ちいいと彼に言われていて、
フェラにはかなり自信があるんです。

前から彼がおねだりしていたパイズリも、
今日してあげました。

一回、ザーメンをタ~ップリ出したくせに、
(すっかり大きくなってるのはもちろんのこと)
先っぽからヌルヌルがいっぱい出ています。

彼が、「はぁ、はぁ、やべぇまた出る」って言ったので、
「入れて」ってお願いして、また私の中で出してくれました。

彼氏とか彼女とか関係なく、心から繋がっている、
本当に仲の良い関係でいたいと思いました。

セフレみたいだけど、
彼とならセフレでもいいです♪

最高に気持ち良くて、幸せなエッチ。

カレとの関係は、これからも続けて、
いつかまた復縁して、結婚したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする