スポンサーリンク

下っ端のAV男優で恥ずかしい仕事ですが、いいこともあります【セックス体験談告白】

実は私はAV男優をしているんです

まだまだ下っ端なので、

AVだけではなく、

エッチな写真の撮影、

その販売もしています

普段は普通のサラリーマンで、

副業でAV男優をしているんです

もっとも、

会社といっても零細企業で

人員は10人もいない会社です。

この前、ある企画が出ました。

南の海の海岸で、素人の女の子を

AV男優がナンパしてヤッてしまう、

というよくある企画です。

さて、撮影の台本、機材などは会社にありますが、

撮影するAV女優は別なところから調達します。

零細企業で専属女優など雇ってる余裕はないですから。

提携している風俗店から女の子を借りることが多いです。

今回もあるデリヘルから、SちゃんとKちゃんという

娘を撮影に借り出すことになりました。

さっそくロケ地でAV撮影開始です。

人に見られないよう注意し

まだ少し寒い季節でしたので、

女の子の体調に気を配りながら撮影します。

まずは水着を着たSちゃんとMちゃんをナンパし、

フェラしてもらうシーンから撮影

私はカメラとモニターをチェックし、

AV男優役のスタッフ二人が口内射精してひとまずひと段落。

次は、女の子のカラミのシーンですが、

男優役のスタッフ一人が、体調を崩してしまいました。

そこで、私が男優役として出ることになりました。

普段は機材を扱うスタッフなのですが、

ごくたまにこういういいこともあるのです。

内容は、そのまま砂浜で私ともう

一人のAV男優がSちゃんとMちゃんを生姦し、

中出ししてフィニッシュというものです。

素人らしさを出すために、ある程度自由にヤッて、

後で編集する、ということになりました。

まず、水着姿のSちゃんとディープキス。

カメラが近寄り、私とSちゃんとのいやらしいキスをアップで撮影します。

その後、ゆっくりと下の水着をはずしていきます。

そこで、フリップボードに書かれた監督からの指示。

「上は脱がすな」

上は着けたまま、Sちゃんのアソコをゆっくりとさわります。

Sちゃんは、「ああん・・」と声を出しました。

もう一人の男優も、隣でMちゃんをいじっています。

「そのままフェラ」

「SちゃんとMちゃんを交代」

「クンニ」

フリップボードに出る指示のまま、

いろんなアングルから撮影を続け、一旦休憩に入ります

休憩後は、ついに生姦です

私の中出し相手はSちゃんに決まりました。

まず、砂浜でバックで挿入するシーンからです。

Sちゃんに生のペニスを挿入します。

SちゃんはAV撮影に選ばれるくらいの風俗嬢ですから、

とてもかわいく、中々気持ちのいいアソコでした。

ペニスをピストンするたびにSちゃんのザラッとした

膣壁と亀頭がこすれあい、撮影のことを忘れて

SEXに夢中になりそうでした。

「Mちゃんと交代して、騎乗位」

「駅弁ファック」

「Sちゃんに戻ってバック」

次々とフリップボードに指示が出されていきます。

MちゃんとのSEXも気持ちよく、

イキそうなのを我慢していろいろな体位でピストンを続けました。

そして、最後の指示が出ました。

「SEXで正常位中出し、二人一緒に」

Sちゃんを砂浜の上で仰向けにし、

正常位で激しくピストンを始めました。

アソコとペニスのこすれあう部分を

カメラマンがアップで撮影しています。

Mちゃんのほうも、

もう一人のAV男優のスタッフと激しく生姦し、

あえぎ声を出しています。

私は、夢中になって腰を振りました。

「ああっ、でるっ」

まず、隣でMちゃんとSEXしていたスタッフがMちゃんに中出ししました。

次に、私もさらに激しくピストンをしました。

「ああ・・ イク、イクっ!」

ピストンをやめ、思いっきりSちゃんの膣の奥に中出ししました。

正直、Sちゃん相手に最高に興奮し、

久しぶりの気持ちいいSEXでした。

ペニスをSちゃんの膣から引き抜き、

ヴァギナから私の精液が流れ出るのをアップでカメラマンが撮影しました。

最後に、汚れたペニスをSちゃんがきれいに

フェラで舐め取るシーンを撮影し、その日の撮影は終わりました。

次の日は、ラブホテルでもう一回戦、という設定で撮影を行いました。

今度は私はMちゃん相手に中出しをして、ロケは終わりました。

この仕事、恥ずかしい仕事ですが、いいこともあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする