スポンサーリンク

恋愛禁止のアイドルになった妹にフェラしてもらい顔射SEX 【エッチ体験告白】

高1年の時、俺は2歳年下で
中◯2年の妹(芽衣)とセックスした

初体験がお互い兄妹だった訳だが、
あの時の快感に魅了されている

しかし、実の妹と何度も体の関係を持つことはさすがにマズいと思っていた。

そんな頃、俺は高校の同級生の彼女ができたのである。

彼女は普通に可愛い子で、俺はこれで妹とはセックスをしたくなるようなことにはならないだろう、そう思っていた。

一方、その頃の芽衣は前に活動していた劇団の関係者からある芸能事務所の女性社長を紹介され、その芸能事務所に所属することになった。

芽衣が所属した芸能事務所は小さな事務所ではあるが、2人ほどかなり有名な女優も所属しているようだった。

将来女優、アイドルを目指すつもりの芽衣は演技のレッスンなどを受けていた。

そんなある日、俺は家族が留守の間に付き合っている彼女を家に招待した。

もちろん彼女とセックスをするためである。

彼女は一応元彼と既に経験済みだったようで、俺もさすがに妹が相手とは言えなかったが経験済みであることを彼女に伝えた。

可愛い彼女とセックスができるなんて凄く嬉しかったし、ドキドキした。

ぎこちないながらも前戯を終え、俺はしっかりとコンドームを装着して彼女のマンコにいざ挿入しようとしていた。

「ああ、彼女のマンコはどのくらい気持ちいいんだろう?」

期待と興奮をしながらマンコにチンポをゆっくり入れる。

そしてゆっくりと出し入れをしてみた。

「あれ、芽衣と違ってなんか緩いな、でもこれから狭くなってくるかな?」

それからしばらく腰を動かしたが、彼女のマンコはまったく締め付けてこなかった。

「コンドームをつけてるとはいえ全然気持ちよくないな…」

結局俺はいかないままセックスは終了してしまった。

彼女が帰っていった後、俺は色々考えていた。

「俺が彼女をもっと興奮させることができていたらもっと気持ちよくなったのかな?同じ女でも色々あるんだな…」

そのことだけが原因ではないが、俺は彼女とすぐに別れてしまった。

そんな頃、芽衣は芸能事務所でのレッスンを経てあるドラマに出演することになったのである。

出演とはいってもよくある「通行人A」のような脇役で、一言だけセリフがあるだけのチョイ役である。

それでも芽衣は着実に女優への一歩を踏み出していたといってもいいだろう。

たまたまそのドラマを観た友達が電話をかけてきた。

友達「おい、芽衣ちゃんドラマに出てたよな?すげえな、おまえの妹芸能人じゃん!?」

俺「そんな大したもんじゃないだろ?でも残念だったな、妹の事務所恋愛禁止だってよw」

友達「マジかよー、でもこれで誰の物にもならないならいいかー」

と言っていた。

芽衣の芸能事務所は20歳までは恋愛禁止という決まりがあると芽衣から聞かされていたのである。

そんなある日たまたま家には俺と芽衣の2人しかいなかった。

俺は芽衣の部屋のドアをノックした。

芽衣「なに?」

俺「入るぞー」

部屋に入ると芽衣は次に出演する予定のドラマの台本を読んでいた。

俺「芽衣すごいな、これからどんどんテレビに出てもっと有名になるんじゃないか?」

芽衣「そんなことないよ・・・やっぱりちゃんとした役もらえるようになるにはまだまだこれからだよ・・・」

俺「そっか・・・ところで芽衣・・・最近オナニーはしてないのか?」

芽衣「はっ!?やめてよそんなこと聞かないで!」

芽衣はムキになっていた。

俺「ふーん、その感じだと毎晩やってるな?」

芽衣「毎晩なんてする訳ないし!」

俺「毎晩じゃないってことはたまにはしてるんだな?w」

芽衣「もーいいじゃん、したくなることだってあるよ・・・」

俺「それが普通だよ、なぁ芽衣、オナニーじゃあんま気持ちよくならないだろ?俺とまたしないか?」

芽衣「えっ!?・・・やっぱりマズいよ・・・兄妹なんだから・・・」

俺「お互い気持ちよくなれるんだからいいだろ?頼むよ芽衣・・・」

芽衣「てかお兄ちゃん彼女とはどうして別れちゃったの?彼女とはしなかったの?」

俺「したよ・・・でも俺・・・芽衣の方がいいんだ…」

芽衣「・・・わかったよ・・・ほんとは私もお兄ちゃんのアレ忘れられないの・・・」

俺「そうだったのか?」

お互い同意したところで俺と芽衣はそれぞれ裸になった。

芽衣は成長著しい時期なのかどんどん大人っぽくなってきているように感じた。

胸も少し大きくなってきているが、とにかくくびれが凄い。

付き合ってた彼女の方が芽衣より年上だったが、明らかに芽衣のほうが大人びたスタイルをしている。

俺「芽衣、おまえなんでそんなエロい体してるんだよ・・・それでも中2か?」

最初妹の体に触れるのはちょっと抵抗があったが、柔らかい胸を揉んでみるとたまらない感触だった。

みるみる俺のチンポは大きくなっていく。

芽衣「お兄ちゃんの凄いおっきくなってきた…」

俺「芽衣、たまんないよ、おまえ最高だよ」

俺は芽衣の乳首を舐め回した。

芽衣「んんっ!くすぐったいっ!・・・でも 気持ちいい」

俺「なあ芽衣、フェラチオって知ってるか?」

芽衣「マンガでしてるとこ見たことあるけど・・・」

俺「じゃそんな感じでやってみてくれるか?」

芽衣は恐る恐る俺のチンポを舐めてきた。

俺「咥えられるか?」

芽衣「お兄ちゃんの大きすぎて無理かも・・・」

俺「じゃ、先っぽだけでもいいから咥えてみて」

芽衣は俺の亀頭の半分くらいまでを唇で咥えて前後に動かした。

それだけでも十分な刺激だった。

俺「ああ、ヤバいよ芽衣!」

俺は芽衣の唇のまわりにべっとりと
精子を出して顔射したみたいになっている

芽衣「うわ・・・精子って臭いね」

妹ながら、可愛い女の子の顔がべっとり精子で汚されている姿を見て俺は射精しても勃起しっぱなしだった。

俺「芽衣、気持ちよくしてやるからな」

俺は間髪入れずそのまま芽衣のマンコにチンポを入れた。

芽衣「はああっ!す、すごいっ!入ってる!」

俺「どうだ芽衣?俺のチンポ気持ちいいか?」

芽衣「うん、気持ちいい・・・!」

俺は腰を動かすとこの前のように芽衣のマンコがキューっと締め付けだした。

俺「これだよ!この締まりが最高なんだよ!芽衣!」

芽衣「お兄ちゃんのも凄い気持ちいいよっ!」

俺「芽衣凄いよ!またすぐにいきそうだよ」

芽衣「あんっ!あんっ!私もヤバいっ!」

俺「ああ、いくっ!」

俺は芽衣の腹の上に発射した。

芽衣「・・・私・・・いったっぽい・・・」

俺「そっか・・・気持ちよかったんだな・・・俺も最高だったよ」

やっぱり妹の芽衣は最高だった。

芽衣はまだ兄の俺としかセックスをしたことがない。

もし妹が芸能事務所の恋愛禁止をしっかり守るなら、この先何年かは男を作らないはずだ。

そうなるとしばらく妹を俺は独占することになる。

こんな可愛いくてエロくて気持ちいい妹を誰にも渡すもんか・・・そう思っていた。

しかし、まさか兄とこんな関係になっていることがバレたらいったいどうなるんだろうか・・・。

ここから俺と芽衣の関係はどんどんヤバいことになっていくのであった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする