スポンサーリンク

同じ職場の彼氏持ち女子を寝取った話なんだが・・【セックス体験談告白】

昨年4月、地方支店の営業から東京本社の営業に転勤。

長年のリーマン生活からの経験から、

早速課内の(10人ほどだけど)人間関係(派閥、実力者等)に着手。

女子社員は、正社員の子(25歳)と派遣の子(26歳)の2人。

派遣の子は3年目で正社員の子より1年先輩。

2人共社外に彼がいるとは周りの連中の噂話ですぐ判った。

呑み会で派遣の子は酔った課長、

男子社員から「貧乳」とセクハラされていたけど気にしてなかった。

課員の30歳過ぎのモッサイAが、

この派遣を気に言って口説いているってことも周りは知っていたが

相手にされていなかった。

ある時、別なちょっとイケ面の29歳のBが外出先から

電話してくると必ず派遣のC子を指名して掛けてくることに気がついた。

夕方かかって来た電話の後は必ずC子は携帯を覗くことにも気がついた。

残業をしていたある日、派遣は定時で帰るのが慣習なんだがなぜかC子も残っている。

そこへBが帰って来てトイレへ向かうとC子も後を追うように席をたって部屋を出ていった。

何事もなかったように戻って来る2人。

これで俺はC子の彼は社外でなく、この2人は出来ているなと思った。

2人の行動を気をつけて見ていると、呑み会でも離れて座るし、他の男子社員とは良く喋るC子はBとはあまり喋らないし、明らかに出来ている確信を持った。

俺は今まで、彼氏がいようがいまいが気にならない気質で、寝取りの方が多かった半年位経っていたのでC子もかなりうち解け俺もC子とはかなり接近していた。

ある日、C子から

「緊急連絡用にメルアド教えて下さい」

と言ってきたのでお互いのメルアドを交換した。

で、Bとはこの間何度か一緒に出張に同行したんだけど、夜のスナックでBがママさんと名前は出さなかったけど

「俺は彼女とのSexは時間がかかるので1回でいい(要は遅漏よ)」

「あの時の声がいい」

「濡れ方が半端じゃない」

「一緒にブラ買いに行ったけど上げ底だ」

とか喋っているのよ。

聞いてない振りして他の子を相手にしてたけどしっかり聞いたよ。

 彼女の顔を知っているだけに妄想するよな。

1週間ほどして彼(B)が出張でいない時に社内メールで

「いい焼き鳥屋さんが○袋にあるのでいきませんか?」

って誘って来たね。

「OK]の返信して○袋の焼き鳥屋へ行った。

このC子、ビールは飲めるが日本酒に弱く以前同僚の若い奴等にビジネスHに担ぎ込まれて正社員の子と泊った話を聞き込んでいたので焼き鳥と言えば日本酒、ガンガン呑ませた。

相変わらず

「彼氏は地元の技術屋」

「付き合って3年になる」

「Aが以前自分の身体の気にしていることを言ったので嫌い」

(貧乳を指摘したらしい)とか、俺が知らないと思って喋ること喋ること。

課内の人間を一人づつ話題にしながらBのことに話を振って、出張の時の話を知らないふりして

「Bも中々やるよな」

と。

それからのC子は呑めない日本酒をガンガン呑み(俺が呑ませたんだけど)トイレに頻繁に行きだした。

多分Bとのことを思い出して濡れてきていたんじゃないかな。

店を出るときには俺の腕にすがらないと歩けないほど酔っていたぞ。

もう1軒誘ったら

「行く]とのことなのでタクシーを探しながら歩道でキスしたら積極的に答えてきた。

これは間違いなくイケると俺は確信したね。

タクシーに乗って

「×宿まで」

、タクシーの中で手を回し胸を揉んだら、ま、手ごたえはあったので(みんなが言うほど貧乳じゃないんじゃないか)と思ったよ。

キスするたびに積極的に答えてくるC子。

×宿のスナックを出る頃はもうまったく一人で歩くのは無理な状態のC子を腕で支えるようにしてラブホへinした。

カウンターで前金払う段になって

「彼に怒られる~」

だと。

(お前、彼氏に俺とラブホへ行ったなんて報告する気?)そんなの無視して部屋へ連れ入った途端C子はベッドへドタ~ン。

俺はどちらかと言えば日本酒党、まだまだ酔っていませんよ。

C子をそのままにして一人でシャワーを浴びて出て来ても、服も着っぱなしでベッドで寝ているC子のブラウスのボタンを一づつ外し腕をぬいて、ブラのホックを外すと出てきましたよ貧乳とやらが。

ブラはBが言うようにかなりパッドが入った上げ底、胸はAカップのA位、乳首は褐色(Bに吸われたからか)で普通の大きさ。

小柄なC子をあっちに転がし、こっちに転がししてスカート、パンスト、パンティーと脱がしていっても全く目を覚まさない。

横に身体を密着させAカップの胸を揉み、乳首を舐め転がすとわずかに

「う~ン」

とC子は声を出すていど。

あそこの割れ目へ手を入れてみると、わずかに濡れている。

さっきの話で濡れた名残りか?マグロを抱いても面白くないのでこの辺で気付けに水を飲ませることにした。

コップ1杯の水を飲むとC子はまたコテンとベッドに寝てしまったよ。

自分の状態も知らずに。

俺の顔をC子のあそこに近づけると、弱いアンモニア臭と独特のホワ~ンとした臭いが鼻に漂ってきた。

顔に似合わず陰毛は多め、ビラビラは顔を出してなく立て割れ線、そっと割れ目を両手で開くと身体相当(小柄)の小さ目のクリが顔を出してた。

舌先を割れ目からクリをと上下させていると時々

「ウ~ん」

と身体をよじる。

腰を押さえつけるようにしながら尚も舌先を使っていると

「う~ン」

から

「アフ~ン」

「ハッ~」

に変わってきた。

それでも舌先を使っているとC子の両手はしっかりと俺の頭を押さえ、よじっていた腰は上下に舌先の動きに合わせてた。

コップ1杯の水が効いたんだな。

もう完全に覚醒してるのに寝た振りのC子。

俺の頭の中はBの顔がよぎった(これでC子は頂き・・・・)。

もうC子のあそこはわずかどころか、舐めるたびに音をたてる位に濡れ、灯りに照らされて尻の方までヌメリ濡れてた。

顔を上にもっていき、胸を舐めようとすると貧乳を両手で覆って隠す。

胸にコンプレックスがあるんだろ。

無理やり手をはずし、乳首を舐め転がし、俺の片手の中指はあそこのなかを前後に動かし掻き回してた。

クチャ、クチャ音は出るし、尻の方までヌメッテBが言うように濡れ方が半端じゃない。

初めてからかなり時間が経っているし、C子もそれなりにマグロ状態を脱したようなので挿入することにした。

(Bよ、これから入れるぜ)またもBの顔が頭をよぎったよ。

チンポの先で濡れたクリを4、5度こすってから先っちょを入れると、早く入れてくれと催促するように腰を下げてきた。

いつもだけど、寝取る時ってどうしても相手の男が頭をよぎるね。

ましてC子の相手は会社で俺の向かい側に座っているBだから、具体的な顔が出てくる訳だ。

その分寝取った優越感が強いけど。

経験者のみんなも同じかな~?意見聞かせて下さいよ。

で、本題。

小柄に似合った小さめのあそこ、自慢できるほどでない俺のチンポもちょっときつく感じる。

グ~っと根元まで押し込むと

「ハフ~ッ」

と声を出した。

これからBの言う

「いい声」

が聞けるかな?なんて思いながら抜き差しを始めた。

初めは

「ウッ・・・ウッ・・・ウッ・・・」

なんて押し殺した声にならない声を出していたんだがとうとう我慢できなくなったのかア行の言葉が口をついて出るようになって頭を左右に振りながらボリュームも大きくなってきたよ。

下半身は繋がったまま、貧乳の乳首を舌先で転がしてやるとひときわボリュームが上がるね。

時々

「まだダメ・・・まだダメ・・・」

と口にだす。

BともこんなSexしてるのか。

Bは

「射精までの時間が長い(遅漏)ので1回でいい」

らしいけど、俺はノーマルなんで比べられたら(ハヤッ!)なんて言われないか心配したけど心配のし過ぎだった。

C子の両手が俺の腰に回され、両脚もしっかりと俺の太ももに絡んでいた。

自分から腰を使い

「もっと・・・・もっとおく・・・」

だって。

体位も一つでいったんじゃと思いバックの態勢をとらせて後ろからなんだが、小柄なので俺のチンポの位置とC子の穴の位置が合わないのよ。

ベッドの端でバック態勢取らせて、俺は床に立ってでちょうどいい位置。

これでバックオーライなんて。

濡れそぼったあそこに俺のチンポがニュルッと入った。

さっきの正常位よりきつく感じたね。

今度のC子の声は完全に喘ぎ声をだしてた。

ア行でもイがほとんどで喘いでいた。

もう頭は髪を振り乱して左右に振って、バックが感じるみたい。

いきなり

「イク~ッ」

と来たから

「中でいいのか?」

「ダメ~、ダメ~」

で抜くと同時に尻に放出。

ベッドに突っ伏したC子は暫く動かない。

暫くするとノロノロとC子は立ち上がり、股間にティッシュを挟んでトイレに向かったよ。

ここまでくると酔いは残っていても、もう完全に正気に戻っているよね。

C子の気持ち(彼氏は社外だと言っている)を汲んで、俺は彼のことを知らない振りで押し通すことにした。

トイレから戻ったC子は枕元の腕時計にチラっと目をやり、

「帰れないか・・・」

と呟くと黙って俺の横に入ってきた。

この時間じゃ○武東↑線の○越までは無理だろ。

俺も黙って横に入れてやった。

A、Bのことを頭の中で描いているうちにいつのまにか寝入ってしまった。

翌朝、といっても5時頃だったか、俺はフ~っと目が覚めた。

横には軽い寝息をたててC子が寝ている。

寝顔を見ながら俺の頭の中はBの顔が浮かんでいた。

(この女、可愛い顔してBといつもこんなことしているんだ)と昨夜の小さめのクリ、貧乳(これはこれでいい)、濡れ具合、身体に似合ったキツメのおまんこ、色々思いだしているとちんぽが立ち始めた。

貧乳の乳首を舌先で舐め転がすと

「ウ~ン」

と身体の向きを変える。

それでもしつこく舌先を使っていると、俺の頭に両手を回してきた。

割れ目に手を伸ばすと結構濡れ出しているぞ。

指先でさらにクリを擦り上げると、指の動きに合わせて腰を上下する。

時々

「ハ~」

と押し殺した声とも言えない吐息をはいている。

出社時間もあることだし、Bみたいに時間をかける訳にいかず、挿入するには十分に濡れているし、早々に挿入することにした。

C子は無言で受け入れ態勢にM字開脚で応じる。

ちんぽに唾をなすりつけ、クリを2、3度擦り上げてからきつめのおまんこに一気に根元まで入れた。

「ア~っ」

とC子。

暫くヌチャヌチャと厭らしい音が部屋に。

俺の腰の動きに自ら腰の動きを合わせて脚を絡ませてくる。

勿論あ行の言葉を口にして喘いでいる。

突然

「きて・・・きて・・・」

俺を促す言葉に変わった。

その言葉に俺もラストスパートに向かって動きを早める。

(ウぉ~いくぞ)射精直前にC子のおまんこから抜き取り腹の上で放出。

ちんぽが濡れ光っている。

枕元のティッシュで腹の上の俺の分身を拭いティッシュを股間に挟んでトイレに向かった。

暫くシャワーの音がして戻って来たC子は

「1度家に帰って着替えてから午後から出社しますから」

と服を身に付け始め、俺に駅までの道順を確認してホテルを出ていった。

適当な時間にホテルを後にし、ロッ○リアで朝食を食べ出社。

Bは今日も出張で帰っていない。

正社員の子が

「C子さんは午前中私用でお休みで午後から出てくるそうです」

と課員に伝えている。

午後、今朝とは違った服装でC子が出社してきた。

俺もC子も仕事に専念するふり(?)でほとんど口をきかない。

俺の頭の中のC子と今のC子がどうも一致しない。

女は夜と昼の顔が一変するのはいつも同じだけどね。

翌日Bが出張から帰って来た。

何も知らないBはお土産をC子に手渡す。

何事もなかったように受け取るC子。

俺の頭の中は、俺とBが入れ替わった一昨夜のことを考えていたよ。

お昼休み、正社員の子が他の女の子に

「C子さんおかしいよ」

と言っているのを小耳に挟んだ。

C子にそっと

「おかしいって言ってる人がいたよ」

と言うと気しきばんで

「誰が言っているんですか?」

と。

てっきり彼氏にバレタとでも思ったようだった。

正直に

「他の女の子」

と言うと

「絶対に言わないで下さいね」

と念を押された。

(こんな美味しい話を誰に言うかい)。

1ヶ月ほどして今度は俺から呑みに誘ってみた。

「OK」

の返信メール。

○袋の俺が良く行く小奇麗な居酒屋。

酔うほどに先日の話が話題になり、俺が誰にも喋っていないこと、俺がBのことを知らない(ふりして)こと、で安心したらしい。

先日ほどではないが、ちょっともつれ気味のC子は腕を絡ませてアウンの呼吸でなんとなくラブホ街へ足が向く。

また先日と同じパターンだけど、今回のC子は始めから正気だし、いつも1度きりのBとのSexより俺とのSexが相性がいいと呑みながら言っていた。

俺も巨乳よりどちらかと言えば貧乳の方がいい。

で、今日は最終電車までには帰りたいと。

ラブホのC子は前回と違って感じまくり、喘ぎ声は遠慮なく出していた。

小柄なのでバックで突くと奥に当たっていいらしい。

その後C子と3、4度やったが後日段がある。

社内でBのことが知れ渡ったのだ。

原因は俺なんだが・・・・・・今でもバレテいない。

いきさつの続きは夜か明朝になるが④の人は待っていて頂戴。

で、C子と何回か関係した頃バレンタインデーが近づいてきた。

課内の男子社員と、

「義理チョコじゃな~」

とか言ってたのだが、俺は

「義理チョコより酒がいい」

「ないない、そんなこと絶対あり得ない」

と否定された。

バレンタインデーの当日、正社員の子とお金出し合って買った義理チョコを二人で配りだした。

当然俺にも配られたさ。

出張でいない奴には机の中へ入れてた。

せめて本命チョコ位別途くれるのかと、自惚れた自分がいたのは確かだった。

夕方、社内メールで

「机の下のものを持って帰って下さい」

とC子からのメール。

机の下に紙袋が置いてあった。

気がつかなかったけどお昼休みの人気のない時に置いたらしい。

帰りに紙袋を覗くと手紙と○越の○広の包装紙につつまれた四角い縦長の箱が見えた。

(ひょっとして酒?)そのまま家に持ち帰って紙袋の中身を出すと、なんとC子の携帯電話まで入っていた。

手紙の方はありきたりの文面と、××さんはお酒がすきなのでチョコの代わりですって書いてあった。

それより携帯の方が気になって覗いてみた。

暗証番号の設定がなく、全部見れた。

課内の全員のメルアドは勿論、Bとのやり取り、音声も入ってた。

俺のカードと入れ替えてすべてを移し替え。

音声にはBの声で

「腰が痛いのはC子の所為じゃないよ」

と2ケ月位の前に入ってた。

メールには別の男名前でチョコの催促とその返事(今頃もうないよ)が入っていたり。

翌日は確か土曜日で2連休だった年のことだから、2日間携帯は俺の手元にあった。

翌日は朝からひっきりなしにC子の自宅を表示した呼び出しが鳴ったけど絶対でなかった。

夕方には鳴らなくなったし、念のため関係なさそうな相手に掛けたら止められてた。

さて、処分をどうするかだ。

このまま正直に返すか、どっかへ捨ててしまうか。

C子はどこへ忘れたか思い出すだろうし。

色々操作しているうちに電池が切れかかっているので元へ戻すのに近くのdocomoへいって(メーカによって充電器の形態が違う)充電したさ。

返す方法は、朝早く出社して拾得物として封筒に入れて匿名で業務課へ置いておくことを考えついて実行した。

月曜日朝、C子はなんか機嫌が悪い、俺は知らん顔。

仕事が始まって間もなく業務の女の子が意地が悪いのもほどがある。

なんと、Bに

「この携帯誰のか知りませんか?」

だって、Bの慌てっぷりは見ものだった。

「C子さんのだと思うよ」

「そうですか」

業務の子がC子に拾得物で届いていたことを告げ手渡して帰っていった。

Bのつぶやき

「なにやってんだ、あのバカ」

バカはお前だよ、俺の優越感。

携帯がでてきたのでC子の機嫌はよくなったけどさ、Bにも携帯が行方不明だったこと言ってないんだよね。

まさか理由は言えないもんな。

これ以来社内でC子の彼氏はBだということが知れ渡った。

当然業務課で内容を見てBの所へ持って行ったのは明白だし。

俺?そんなの関係なく知らないふりで酒を貰ったお礼のメールしてやったよ。

その後組織改編でC子が派遣辞めるまで、半年位Bの出張で居ない時にはC子とハメまくったよ。

その間に携帯の件は

「○○さんの酒の袋に入れてたと思っていた」

と言われたがまったく白をきり通した。

小柄な子はあそこの構造も小さめで味としては良かった。

Bも遅漏を治さなくっちゃな。

その所為かその後二人は別れたって風の便りで聞いた。

終わります。

長々とお付き合いしてくれた④の方ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする